期間工のおすすめは?年収、手当を徹底比較!

期間工は3ヶ月~1年程度企業と契約して働くスタイルが特徴ですが、一定期間だけ働けることから、求職中の方には魅力的な職業の一つと言えます。

契約更新が可能な企業も少なくありませんし、正社員登用の間口が広ため、将来正社員を目指したい方にもおすすめの仕事です。雇用期間が短いため、多様な働き方を実現できるのもメリットと言えるでしょう。

期間工で働く企業の選び方

期間工の募集を行っている企業は非常に多く、自身の経験や好みによって様々な選択肢がありますが、その分応募先選びには苦労するかと思います。もし期間工の求人を選ぶ時は、給料と手当をチェックしてみることをおすすめします。

期間工は給料の高さが魅力ですが、企業毎に日給制・時給制それぞれ分かれており、更に支給される手当の種類・額も異なります。これらを全部合わせた給料の相場は25~30万円程度と言われますが、月数万円の差が開くことに注意が必要です。

特にしっかり稼ぎたい方は、基本給が高く、かつ手当が充実したところを選ぶのが良いでしょう。

そのほか、働くことになる工場の場所と社員寮の場所・部屋の間取りも確認をおすすめします。雇用期間中のライフスタイルにも影響しますので、特に社員寮の間取りを重点的にチェックしておきましょう。

おすすめの企業7選

ブリヂストン

ブリヂストンは世界を代表する大手のタイヤメーカーです。国内にある10箇所程度の工場が期間工の募集を行っており、相場よりも高い給料が魅力となっています。

時給は1400円~ですが、月給ベースに換算すると30万円以上を実現でき、更に様々な手当や補助が支給されます。社員寮は生活家電などが全て揃っている上に家賃も格安で、住みやすい環境が整っているのも魅力です。

短期間でしっかりと稼げるほか、正社員登用制度もありますので、ステップアップを検討中の方にもおすすめの候補です。

豊田自動車織機

豊田自動車織機は、自動車メーカーのトヨタのグループ企業で、ディーゼルエンジンなど自動車関連の部品も製造しています。愛知県内に複数の製造拠点を構えており、時折各工場が期間工を募集しています。

豊田自動車織機は比較的給料も高く、日給1万円程度をスタートにして、勤続年数が長くなるほど昇給していきます。初年度でも月30万円前後の収入を得られますので、給料は高水準な企業の一つと言っても良いでしょう。

他にも満了慰労金や報奨金、各種手当などが支給されるほか、格安家賃の社員寮が用意されていたり、社員食堂も利用できるなど、待遇面も整っているのが魅力です。

ホンダ

ホンダは自動車やバイクの製造で有名な大手のメーカーで、日本の数カ所で工場を稼働させています。その工場が期間工の募集を行っていますが、高水準な給料と手厚い手当・待遇が魅力になっています。

ホンダの期間工は日給制で、1日1万円以上からスタートするため、そこに手当などを加えると月30万円以上の収入が得られます。期間工の中でも給与水準は高い上に1クールあたり3ヶ月のため、短期間だけ働いたり、逆に長期勤務するなど、好みの働き方ができます。

3ヶ月毎に満了慰労金も支給されることから、収入はトップクラスと言えるでしょう。

トヨタ

トヨタは日本最大手の自動車メーカーで、海外でも圧倒的なシェアを占めています。愛知県や九州に自動車工場を稼働させているほか、岩手県など一部エリアでも期間工の募集を行っています。

給料水準も非常に高く、1年目から年収ベースで300万円以上、人によっては400万円近い収入を得ています。

それに加えて各種手当が上乗せされますので、高収入を期待できる勤め先の一つといえ、さらに一部の家具が揃った社員寮も提供されているため、寮などの環境面も魅力的と言えます。

スバル

スバル(旧富士重工)はインプレッサなどの自動車で有名なメーカーです。群馬県内に複数の工場を稼働させており、主にそれぞれが単独で期間工の募集を実施しています。

スバルは手当や各種補助がとても手厚くなっており、寮費が完全無料のほか、社員食堂も利用できます。当然ながら社会保険も完備されており、更に給料の水準も業界トップクラスと、好待遇が魅力になっています。

1クール3ヶ月と短めのため、待遇面で選びたい方や短期間働きたい方は候補に入れてみると良いでしょう。

ヤマハ発動機(YAMAHA)

ヤマハ発動機(YAMAHA)は、主にバイクの製造を行っているメーカーで、他にも船舶なども手がけています。静岡県内で数箇所の工場を操業しており、各工場が一括あるいは個別に期間工を募集しています。

ヤマハ発動機は1クール3ヶ月と短期間勤務になっており、更に最長36ヶ月までの契約更新が可能になっています。短期~長期まで、好みに応じて働けるのが魅力で、更に1万円前後の日給と豊富な手当・補助を利用できるため、条件は非常に良い企業の一つです。

東洋ゴム工業

東洋ゴム工業はタイヤのほか、ウレタン素材などの製造を手がけているメーカーです。日本国内に2箇所ある工場で自動車のタイヤ製造を行っており、定期的に期間工も募集しています。

東洋ゴム工業は給料こそ平均水準ですが、各種手当が比較的豊富で、寮費の補助や一部工場は無料送迎を行っています。有休制度や社会保険も備わっており、更に年末年始やお盆には長期休暇あるなど、待遇面は優遇されています。

社員寮は完全個室のため、プライベートを確保しやすい点も魅力と言えるでしょう。

期間工ってどんな仕事をするの?

期間工は給与水準や待遇が非常に良いため、過酷労働を浮かべる方も多いのではないでしょうか?役割は工場によって異なるものの、主に単純作業がメインで、仕事内容が過酷なわけではありません。

例えば自動車工場で働く期間工は、自動車の製造ラインでの部品仕分けや検品、運搬や組み立てなどが主な仕事になります。

自動車メーカーは各工場ごとに製造ラインを分けており、勤務先により仕事内容も変わりますが、複雑なものやスキルを求められる作業はありません。更に細かく分けると、各製造ラインごとにそれぞれ期間工が配置されるため、仕事内容は多岐に渡ります。

他の企業も同様で、検品や仕分けなどが期間工の主な仕事であり、技術を求められる仕事は正社員が担います。共通していることは工場の製造ラインに配置される点のみで、仕事内容は違うため、気になる方は応募前に問い合わせてみましょう。

満了金や入社金などどんな手当があるの?

期間工には正社員のようなボーナスは支給されませんが、満了慰労金や報奨金がその代わりになっています。

満了慰労金などは、契約期間が終了した際に支給される手当で、一律の場合もあれば勤務期間・日数により変わる場合もあり、これらは企業毎に呼び方も異なっており、支給額・基準も様変わりするので注意が必要です。

一方、期間工は他にも様々な手当が支給されており、例えば勤務にあたっての生活準備金や、赴任手当が支給される企業もあります。これらは基本的に一定額支給になっており、支給されるタイミングなども企業毎に異なります。

また、正社員と同じように残業手当や夜勤手当、休日出勤手当などもしっかり支給されます。こうした手当が豊富に用意されている企業も多く、全部合わせると月数万円支給されることもあるため、求人を探す際は確認しておきましょう。

まとめ

各企業が操業している工場は人手不足で悩んでいるところも多く、期間工を定期的に募集するケースも珍しくはありません。期間工は期間が限定されているものの、給料は総じて高くなっており、更に正社員と同等かそれ以上の待遇が用意されています。

人によって向き・不向きこそありますが、1クール3ヶ月で働ける企業も多いため、短期間働きたい方は応募してみるのも良いでしょう。しっかり稼ぐこともできますので、お金を貯めたい方にもおすすめの仕事です。

その他の記事